フィクション
小説

Victoria Kielland ヴィクトリア・ヒェラン

My Men わが男たち
Mine menn

『My Men』は、19世紀後半にアメリカに移住したノルウェー人の召使いの少女ブリンヒルが、ベラ・ソーレンセン、そしてインディアナ州ラポートのベル・ガネスになったという、実際の出来事に触発されたフィクション作品である。ベルはその死後、アメリカ初の女性連続殺人鬼として知られるようになるが、ヒェランは強烈な言葉で、壊れた人間、常に切望を抱いている人間、地の果てまで行く人間、自分を見失うことを拒む人間、生きるべき人間と死なねばならない人間について書いている。全身全霊で愛する者は生き残れない。

Kielland mine menn

––心を掴まれ、ユニークで、驚くほどよく書かれている(…)例外的に良い本だ

Vårt Land紙

––誰がこのような文章を書くのだろうか? 本書は、モダニズムの先駆者たちを思い起こさせる。詩に近い散文で、ほとんど触覚的で、少なくとも官能的で、言葉が指に張り付くかのようだ。

Klassekampen紙

––若手作家のうち最高の一人だ(…)

Morgenbladet紙

Books from Norway provides you with English-language information about all genres of Norwegian literature. The information is provided by the rightsholders and NORLA.

booksfromnorway.com

Norway as Guest of Honour at Frankfurter Buchmesse

Norway was Guest of Honour at the Frankfurter Buchmesse 2019. Please visit our website Norway2019.com for information about the project.

Frankfurt 2019